福岡で人気のサロンでvio脱毛を経験

部位が部位なだけに、決意するまでに時間が掛かりました

ムダ毛がコンプレックスで、夏でも長袖でした : 解消されたコンプレックス。しかし、また新たに問題が : 部位が部位なだけに、決意するまでに時間が掛かりました : 施術の恥ずかしさを乗り越えて

しかし、またしても毛のことで、大きく傷付くことになってしまったのです。
社会人になってから付き合い始めた恋人から、下半身の毛が濃いことを指摘されてしまいました。
すでに体の関係のあった恋人は、きっと何気なく発した言葉だと思うのですが、なぜそのようなデリカシーのない発言ができるのか、私は心から傷付きました。
その発言を聞いてから恋人のことが信じられなくなり、結局別れることになりました。
恋人からすれば、私はそこまで傷付くとは思っていなかったかもしれませんが、私はすっかり気持ちが冷めてしまっていました。
恋人と別れてからも、下半身の毛のことが頭から離れませんでした。
新しい恋人ができたとしても、また同じことを言われて傷付けられるのではないかと思うと、新しい恋愛をする勇気が持てませんでした。
そして、決意するまでには時間が必要でしたが、私はvio脱毛を決意しました。